京の別邸・遊悠庵PRODUCE : HIDEKI FUJITA

クライアントのお気持ちにお応えして、日本庭園のある数寄屋造りをお建てした。住まいの正面には、長さ10mもの歌舞伎門。玄関を入ると、広い取次でパブリックゾーンとプライベートゾーンに分かれる。訪問客を玄関からそのまま、和室にお迎えするためである。2階の主寝室に設けた出窓からは、夏の風物詩・大文字焼きが眺められ、好立地をいかした配慮となっている。

写真

内庭と外庭の境界の囲い屋根は、建物が鬼門の方位へ張り出さないようにするもの。

・木質パネル工法 ・別荘・ゲストハウス